文字の基本設定

基本になる書体(フォント)を指定しよう

body {font-family: ★}
タグに記述する場合
<body style="font-family:★">
★=フォント名(例,MS ゴシック,Osaka・・・)

基本になる文字サイズを指定しよう

body {font-size: ★}
タグに記述する場合
<body style="font-size:★">
★=文字サイズ
pt(ポイント),pc(パイカ),px(ピクセル),%(基本サイズに対する%)

基本になる文字の太さを指定しよう

body {font-weight: ★}
タグに記述する場合
<body style="font-weight:★">
★=太さ
normal(通常),bold(太字),bolder(より太く),lighter(より細く)

基本になる文字色を指定しよう

body { color: ★}
タグに記述する場合
<body style="color:★">
★=カラー名または#カラーコード

以上のソースサンプル
<html>
<head>
<title>タグであそぼう!</title>
<style TYPE="text/css">
<!--
BODY {font-family: MS ゴシック; font-size: 12pt; font-weight: bold; color:blue}
-->
</style>

</head>
<body>
</body>
</html>

段落ごとの文字の設定

上記の方法では指定先をbodyとしてページ全体を指定の対象にしましたが
段落pやdiv)を使うと段落ごとの指定が出来ます
また、それぞれのタグに記述する事で段落ごとに違ったスタイル指定が出来ます
例)
<html>
<head>
<title>タグであそぼう!</title>
<style TYPE="text/css">
<!--
BODY {font-family: MS ゴシック; font-size: 12pt; font-weight: bold; color:blue}
-->
</style>
</head>
<body> ここは段落外!
<div style="font-size:24pt; color:green">ここは段落!サイズと色を変更</div>
</body>
</html>
赤い部分のソースのサンプル
ここは段落外!
ここは段落!サイズと色を変更